【トップセミナー第二弾!】独立して2年で5億!?2児のパパの顔も併せ持つ株式会社ITプロパートナーズの木村社長とは!?

こんにちは!
ライターのアスカです!
本日はBEYOND CAFEの目玉イベント「トップセミナー」の様子をお送り致します。

普段学生が経営者に会って話をする機会なんてほとんどないので、就活生である私の目線から

「学生時代の就活はどのように行っていたのか」
「どういう経緯で起業に至ったのか」

などなどたくさんお聞きすることができたので、その様子をご共有致しますね。

【本日の登壇者】


木村 直人(きむら なおと)

株式会社ITプロパートナーズ代表取締役
神奈川県出身、35歳。
妻と子供が二人(娘2歳,息子0歳)
早稲田大学卒業後、大手損害保険会社を経てI&G Partners(現アトラエ)入社。
成功報酬型求人サイト「Green」の、立ち上げから関わり、仕組みを作り、その後上場。
その後人材系ベンチャー企業に参画し、取締役COOに就任。
2015年2月、株式会社ITプロパートナーズを創業。代表取締役に就任。

【ITプロパートナーズとは?】


“「自立」した人材を増やし、「新しい仕事文化」をつくる”
を理念に掲げ、
現在「IT起業家やフリーランスの自立を支える」為に、7000名以上のIT起業家やフリーランスを集める、
独自の自社サービスをメインにサービスを展開中。
2年で売上5億と驚異的な成長スピードで躍進し続ける、ベンチャー界隈で今最も注目を浴びている企業。
今後は新卒、女性、シニア、グローバル向けに「自立」した人材を増やし、
支える新規サービスを立ち上げていく予定。

パネルディスカッション第一部

前半では木村社長から、経営者についてをメインにした質問を投げかけるパネルディスカッション形式で話を進めました。
木村社長が起業することを決意したエピソードや、社会で活躍する優秀な人材の定義とは?といった、大手・ベンチャーと様々な環境に身を置いていた木村社長だから分かることなど、中々聴くことのできない内容を伺うことが出来ました。

また今新卒に戻った際に、「大手・ベンチャー・起業」どの選択を行いますかという質問に対して、私個人現在就活を行っている身としては今後のキャリア選択において、非常に参考になりました!

個人的には木村社長が優秀な人材の定義で話があった、当事者意識を持つ重要性がとても刺さりました。

どれだけスキルを持った人材でも、何事もジブンゴトに落としこめないと答えを導き出すことが出来ないし、特に就職してからスタートダッシュを切るためには、「新卒だから〜」と甘い気持ちではなく、会社の売上をつくる一人材として主体的に行動しなければいけないんだなと、働くを考える非常に良い機会になりました!

パネルディスカッション第二部

第二部では今後の未来に関して、働き方がどのように変化していくか、若い世代は何を考えてキャリアを選択していかなければならないか、また変化する未来に対してITプロパートナーズはどのように変化していくのかなどをお話して頂きました。

AI・ロボットの発達や外国人労働者の増加など、昔のように会社が30~40年定年までその人を養い続けることはあり得ないわけで、働き方が大きく変化する時代の節目に来ていると言われています。
特に年金なんて、我々の世代はもらうことが出来ないと考えていた方が良さそうですよね。
そんな中で今後は会社に依存するのではなく、自分の食いぶちは自分で稼げるようなスキルを身につけることで、どこからも頼られるような社会人になることが本当の安定だと伺いました。

そんな「自立した」働き方が出来る社会人を増やすために、ITプロパートナーズ様は現在IT起業家やフリーランスの自立を支えるサービスを展開しており、今後は新卒や女性が自立して働くことをサポートする事業を展開されると伺い、社会情勢にあったとても面白いビジネスを展開されるんだなぁと感じました!

座談会

最後にざっくばらんに座談会で学生と交流する時間がありました。
学生の一つ一つの質問に真摯に向き合って頂けました。
また私の拙い質問にも丁寧に返答頂き本当に感謝です!
社長とこんな近い距離でこんなフランクに話を聞けるなんて本当に驚きですよね!

<座談会の様子>


いかがでしたでしょうか!?

こんなにフランクで社長と近い距離で話を聞くことが出来るのはBEYOND CAFEだけ!
就活で自分にあった企業を探す一つの手段として、会社のトップの社長の話を聞くことは非常におすすめです!
自分のボスになる人の考えや方向性によって、そこで働くとどういう成長曲線を描いていくのかは変わります。
また将来起業したい、独立したいという思いを持った学生さんにも、先輩経営者の話をたくさん聞くことが成功の近道です。
ぜひBEYOND CAFEを自分の将来を考える手段として活用してもらえればと思います!

それではみなさん次回のイベントへの参加お待ちしておりますね!。